Blog&column
ブログ・コラム

施工管理の4大管理とは?

query_builder 2023/05/31
コラム
1

施工管理の4大管理とは、工事の進捗・品質・コスト・安全を適切に管理するための方法です。
これらは、仕事を円滑に進めるための重要な内容といえます。
そこで今回は、4大管理の内容について詳しく解説します。
▼4大管理とは?
■工程管理
工程管理とは、工事の計画やスケジュールを立て、実際の進捗と比較して遅れや問題がないかをチェックすることです。
工事の全体計画・日々の作業計画・進捗報告・検査などが含まれ、工事の効率や品質の向上につながります。
■原価管理
原価管理とは、工事にかかる費用や収入を予測し、予算内で工事を完了させることです。
工事の見積もり・発注・支払い・請求なども含みます。
利益や損失を把握することで、無駄な支出やコスト削減の方法を見つけることができます。
■品質管理
品質管理とは、工事の仕様や基準に沿って品質の高い工事を行うことです。
設計・材料選定・施工方法・検査などが含まれ、工事の信頼性や耐久性を確保して顧客満足度を高めることができます。
■安全管理
安全管理とは、工事現場で発生する事故や災害を防止し、作業員や周辺住民の安全を守ることです。
安全教育・ルール作り・危険予測や対策などが含まれ、人的被害や物的損害を最小限に抑えることができます。
▼まとめ
施工管理の4大管理とは、工事の進捗・品質・コスト・安全などを適切に管理するための方法です。
工程管理・原価管理・品質管理・安全管理の4つに分類され、どれも欠かせない要素といえるでしょう。
当社は住宅の建設を行っており、業務拡大に向けて新たなスタッフを募集しております。
現場監督の仕事をはじめ幅広い業務がございますので、興味のある方はぜひお問い合わせください。

NEW

  • 建設業界でのキャリアアップとは

    query_builder 2023/05/31
  • 現場監督に向いている人とは?

    query_builder 2024/06/01
  • 建設現場での作業の流れとは?

    query_builder 2024/05/01
  • 建設現場での服装は?

    query_builder 2024/04/15

CATEGORY

ARCHIVE